読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割烹着の由来

リケジョと割烹着:小保方さん報道に関連して(その2) : 大隅典子の仙台通信
大隅さんは、割烹着の由来について、

実は「割烹着」は、理科実験を含む「作業着」として開発された、ということをご存知でしょうか?

割烹着は、実は日本女子大学校(現在の日本女子大学)で生み出されたものです

こう表現なさっています(強調は引用者)。
しかし、少し調べてみると、たとえば次のようなページが見つかります。

着物が汚れず、料理もしやすい服装を考えた結果、「割烹着」を考案、教場にて着用
赤堀料理学園/赤堀フードコーディネータースクール

これは、赤堀料理学園の歴史を紹介した公式ページで、そこには、当該学園の前身である赤堀割烹教場において、赤堀峯吉によって割烹着が考案された、とあります。また、同サイト内にある別のページ( http://www.cook.co.jp/pickup_tennenseikatsu.html )には、

当時、料理教室に通っていたのは上流階級の方たち。奥さま、お嬢さま方たちの外出となると、それはもう大騒ぎで、晴れ着に丸帯を締めた姿でした。そんな生徒さんの袖や裾などを汚す心配なく、活動的に動きまわれる格好はないものかと考えたんです。

このような説明があります。これらを見ると、大隅さんのおっしゃる事とは整合しないように思えます。
もちろん、服飾史的な話として、ある服装の由来というのを考える時、今採用されている形状に落ち着いた時期であるとか、そう呼ばれるようになった時期とか、色々の着目点があると考えられ、発明発案の時期をどう特定するか、はむつかしいものなのでしょうし、いわゆる諸説ある情況の事もあるのだと思います。しかし、そうであればこそ、その由来をこうだと断定的に語るには、それなりの強固な証拠が要るのではないかな、と感じます。
そこについて大隅さんが出している出典は、ようやく見つけたのは「夏目☆記念日」というテレビ朝日の報道番組案内です。だそうで、これは少し根拠として弱いのではないでしょうか。なにしろ、少し調べるだけで、赤堀峯吉の名前には辿り着けますし*1、それが誤りであるというはっきりとした知見が無ければ、その説を即排除する事は出来ないのですから。
大隅さんのエントリーへの反応を見ると、割烹着の説明の所について、なるほどそうだったのか、というような感想が結構見られます。伝達された情報としては、

  1. 発案者
  2. 発案された場所
  3. 発案された時期
  4. 発案された動機

があり、大隅さんは、それぞれについて、

  1. 日本女子大学校の学生
  2. 日本女子大学
  3. 1901年以降
  4. 実験の際に使う作業着として

という説を支持し紹介なさっている訳ですが、赤堀料理学園や世界大百科事典第2版( 割烹着 とは - コトバンク )などの記述によればこれらは、

  1. 赤堀峰吉
  2. 赤堀割烹教場
  3. 1902年
  4. 着物が調理の際に汚れないように

このようになります。つまり、情報として結構異なっています。で、大隅さんの記事の主旨の一つは、割烹着は料理用に作られたものでは無い、というものですので*2、ここの所を精査した上で情報伝達を行うべきである(あった)、と私は考えるのですが、いかがでしょうか。Wikipedia の情報は正確で無い、と言いつつ番組案内を出典として挙げるのはどうなのでしょう。その番組案内にも参考文献等は見当たりませんし(普通そんなものは番組表や番組案内には掲載されない)。

*1:あるいは村井弦斎の名前も出てきます

*2:「割烹着」という言葉から、この衣服はもともと料理のために創られたように思われるかもしれませんが、実は「割烹着」は、理科実験を含む「作業着」として開発された、ということをご存知でしょうか?と導入して話を展開させている事からも明らか