読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

違和感・抵抗感

  • 棋士を打ち負かす Google AlphaGo
  • 医師に代わって診断を行う expert system
  • 安全な運用が志向された、運転手に取って代わる自動走行車

これらのものや事について、違和感や抵抗を感ずるか否か。

分野にもよるだろうけれど、色々の所で、人工物が、人間の行ってきた活動を担ってゆくだろうと思う。それは、工業的な、いわゆる機械が得意としている、と想像されるような、精密加工等の範囲を飛び越えて、よりインテリジェントな部分の占める割合が多いような領域で。最初に挙げた例がそう。

そういった技術が発展し、人間の仕事やパフォーマンスを凌駕するようになってきた時に、心理的にどのような動きを生ずるか。

私などは、人間より機械が優れていてはならない理由はどこにも無い、という認識であるから(知的な領域においても)、今のような流れは、いわば科学技術史的必然であって、その発展の行方に期待しているし、楽しみでもある。けれど、人によっては、人工物が人間の知的活動を超えて行く事に、抵抗を覚えるものなのだろうな、と思う。知的生命体たる人間としての存在意義とか、そういう、思想的な所も絡んでくる事だと考えると、興味深いトピックではあるけれども。