読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母数考2

取り急ぎ

あのひと、私が「分母の数」のことを「母数」と言ったら、どんな顔するだろう? - Tarotanのブログ

こちらの記事によれば、

さらに話はややこしいです。「母数」は、「分母の数」という意味で使われることもあります。この用法の歴史はさらに古いです。1885年の『大全英和辞書:訂訳』における"denominator"の欄に、「名ヲ付ル人。母數(數學)」と記載されています。denominatorの訳語としての「母数」のほうが、統計学や曲線群の「母数」よりも、歴史は古いようです。

との事(強調引用者)。

これほど古い文献で、分母の意味で(denominatorの訳語として)母数が充てられていたというのは、把握していませんでした。深く反省。
もし、これが、当時としても特殊な訳し方(誤訳など)、というので無ければ、母数なる語は、現代の数学あるいは統計学上の用法としては誤用とは言えても、その由来からすれば必ずしも間違いとは言えないという風に、認識を改める必要があります。