【メモ】Trelloのはなし

twitterリアルタイム検索などすると、デフォルトで公開設定になるという意見があるけれど、少なくとも現在はそうなっていない。以前に取得したアカウントで実際にボードを作ってみて、確認したので。作成時に選択できる。

前はデフォルトが公開だった、と書いている人もいたけど、詳細確認できず。自分が作成したアカウントは1年以上前のものだけれど、特に記憶に無い。

数年前に、公開設定の話を書いていたかた有り。

qiita.com

私も、プロジェクト管理、ToDo管理ツールを選定していた時、どこかの企業のプロジェクトらしきものが見えた事が。もしかしたらTrelloだったかも知れないけれど、はっきり憶えていない。最初、サービス紹介用のサンプルページだと思っていたが、見ていると、どうもそうでは無いっぽかったので、すぐに閉じた。単純に使いかたで検索してそういう情況だったから、当時でも、結構見られる状態にあったのだと思う。

こういうツール、クラウドにデータが保存されるサービスを使う、という場合には、担当者・管理者は当然、公開範囲はどのようになっているか、どう変更できるか、といった部分を把握する責任がある訳で、そういう観点からは、企業の担当者なりに落ち度があったと思う。

それとは別に、実際、公開を望まないものが公開されてしまっている、そういうアウトカムが多く生じている事自体は事実。これをどう考えるか。

使うんだからちゃんと調べろよ、説明が書いてあるだろう、と言うのは確かにそう。そもそもそんなバリバリの個人情報をクラウドに置くってどうよ、みたいな話もあるけれど、それは措いて(セキュリティ教育している所は、機密情報に段階をつけて、クラウドに保存するな、と言うはず。守られるかは別にして)。

じゃあUIを工夫して、でかでかと注意書きを表示したり、ボタンを数回押させるようにするか。あるいは、公開設定は全く別の箇所に表示させるか。工夫のしどころはいくらでもあるだろうけれど、それをサービス提供側にどこまで要求するか、できるか。

説明書きはあるけれど文章の意味が解っていないのかも知れないし(あれを解らないのは困るだろうとは思う)、まさかgoogleで検索してヒットする訳無いだろう的な先入観もあるかも知れない。こういうサービスではそういう所は出ないようにしている、といった、ある種の信頼感と言うか。

あまり突き詰めると、サービス提供側の負担も大きくなるし、かと言って、問題が起きてしまっている現状を放っておく事もできないだろうから、Trelloが何かしらのリリースを出したり、UI変更がおこなわれたりするとは思う。

《過剰診断》ばかり

synodos.jp

UNSCEARによる報告。これが与えるインパクトは大きく、各マスメディアも採り上げています。いや、マスメディアがインパクトを増幅させている、と言ったほうが良いのかも知れませんが。

で、私が懸念していた通り、当該文書にて過剰診断の可能性が取り沙汰された事によく言及され、それがあるか無いか、ばかりが議論されています。検診の是非も、過剰診断があったかどうか、の観点が中心になっているようです。

ここでも何度も言っているように、検診の実施の是非は、まずもたらす効果に着目して評価すべきです。その上で、トータルの効果が害を上回れば、実施が正当化されます。もちろん、上回るとは、単に件数を比較するのでは無く、重み付けをおこなって検討する訳です。しかるに、議論されるのは、過剰診断があるかどうかという、害の一部の話ばかり。これでは、検診について適切な議論がおこなわれているとは言えません。このままだと、甲状腺がん検診のみならず、検診一般についても、きちんと是非を検討する事も出来ません。

もちろん、ほぼ全てが過剰診断であれば、自動的に効果は極小になって(過剰診断と効果発揮は排反だから)、実施すべきでは無い、となります。だから、過剰診断を前面に出す論者は、そこで頑張らざるを得ない訳です。ですが、過剰診断の程度というのは、RCTをおこなってさえ推計が難しいものであるのに(乳がん検診の議論などを参照すれば解ります)、福島の検診でのそれは現状、観察的(生態学的・時系列的)データから間接的に推測するのと、成人での知見を補外するしか無いものです。過剰診断は起こっているだろうとは言えても、それがどの程度であるかは、そう簡単に論じられません。

あまり過剰診断ばかりクローズアップすると、

  • 過剰診断があっても検診したほうが良い
  • 過剰診断が無くても検診しないほうが良い

これらの理屈も理解しがたくなります。私たちは、甲状腺がん検診にしか興味が無い訳ではありません。むしろ日常的には、その他の検診のほうが、遥かに身近であり、関係のあるものです(いわゆる5大がん検診)。それらについて適切に考え意思決定するには、検診一般に通ずる考えかたを押さえておく必要があります。であるのに、福島の議論に絡めて過剰診断にしか着目しないのは、好ましい事では無いでしょう。