読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演技

アニメや吹き替えで、「いわゆる声優」(以下、「声優」)以外の人をキャスティングするという話において、声優は演技が過剰でわざとらしく、非声優の方が良い(時に「自然」などと言われる)事がある云々、みたいな議論になったりするけれども、アニメ『惡の華』における声の演技の演出は、一つの方向性を示しているのではないかな、と思う今日この頃。