読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

標本空間の要素 =「根元事象」?

ちょっと気になってるんですけどね。タイトルの事が。

標本空間の要素を根元事象と表現すると、

標本空間の要素は根元事象ではあるが事象では無い

となりますよね? これだと、表現的に、すごくややこしいような。

だから、根元事象を使わず、標本点にした方がスッキリしますね。

それで、もし根元事象を使いたいなら、それは標本点を指すのでは無くて、

一つの標本点を要素に持つ事象

と考えないと、整合的では無いように思います。たとえば、 統計学基礎/標本空間 - Wikibooks ここなんかには、

特に標本点が1個の事象を根元事象,

とあって、これなら納得がいきます。

ただ、英語でもElementary eventComposite eventとなっていて、いずれも event が入るようですが。よく解らんですねえ。
確率を解説するテキストでも、説明の仕方は両方の場合があるようです。