読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【メモ】二重コーホートと検診

福島県において甲状腺がんが流行しているか、という議論において、

他地域でも検診をおこなって比較すれば明らかになる

のではないか、という意見があります。

しかし、これは早計な意見です。

一つは、早期発見のデメリットがある事。
早期発見のデメリットとは、まず、余剰の発見(過剰診断)、つまり、その病気では死なないのに見つけてしまう場合の害です。何も問題を起こすはずの無かった病気に対し、手術などをおこなえば、それによる影響自体が害です。
それから、見かけ上の罹病期間が延びる事の害。もし、早く見つけたとしても延命が出来ないのならば、発見時から、症状が出るはずだったまでの間は、病気であると判断される必要の無かった期間です。この期間をリードタイムと言います。この2つは当然関係しており、症状が出る前に死ぬはずだったかそうで無かったか、の違いです。

いま一つ考えなくてはならないのは、

異なる地域を比較する事そのもので生ずる偏り

です。いま想定しているのは、福島それ以外の、2つのコーホートコーホートとは、研究対象集団の単位の事)を比較する、というものです。福島県とその周辺に放射線曝露(被ばく)が起こったので、もっと遠くの地域に対しても検診を施して、甲状腺がんの発見や、それによる死亡、といった指標を較べてみる、といった寸法。
ここで、検診自体も発見数を増やす因子であるから、他地域においても検診をおこなおうとする訳です。

そこでは、被ばくという要因の程度が異なったコーホートに対し、検診の要因を揃えて比較する、という想定がある訳ですが、注意すべきは、そのままでは、

他の要因が揃っている保証が無い

という事です。たとえば、福島県と比較した他地域において、甲状腺がんの発見が、幾らか小さかったとします。その場合、被ばくが甲状腺がんを増やしたと、即言えるでしょうか……言えません。何故なら、先ほども言ったように、被ばくという要因以外の要因が揃っている保証が、どこにも無いからです。もしかすれば、今までに知られていない何らかの要因が、甲状腺がんを僅かに増やす因子として働いている、のかも知れません。
逆にもし、福島県のほうが少ないとすればどうでしょう。その場合、被ばくが甲状腺がんを減らしたというのを認める人は、そういないでしょう。

いまの想定のように、2つの異なるコーホートを比較して研究する事を、2重コーホート研究と言います。このような研究デザインは、何らかの環境要因(いまの想定では、被ばく)が影響を与えているのではないか、という場合に適するデザインですが、異なる地域に含まれる集団をコーホートとして比較する事によるバイアス(偏り)が生ずる可能性、というデメリットもあります。既知の要因なら揃えるのも場合によっては出来ますが(例では検診)、未知のものの場合、前もって取り除けないかも知れません。

このような事情があるので、通常は、一つのコーホート内で、要因に曝露された群とされなかった群を比較するのですし、最も強力な方法は、曝露群と非曝露群に確率的に割り付けるRCTであると看做される訳です。

ここまでを踏まえると、

他地域の人々に対して検診をおこなえば明らかになると即言える訳では無い

と考えられます。